羊毛ラブラドールで使用した道具

  • 自然に消えるチャコペン
  • ニードル(レギュラー、スパイラル38、スパイラル40)
  • パンチャー(5本、3本、1本)
  • ハサミ
  • ノギス
  • 参考本(An Atlas of ANIMAL ANATOMY for artist、360°ビジュアル犬種大図鑑)

自然に消えるチャコペン

自然に消えるチャコペンはこちらを使用しています。

チャコペンは自然に消えるもので、太いタイプが良いです。細いとフェルトに色がのりにくのです。

制作中、最初から最後まで、頻繁に使用します。中心線を描いたり、対象の位置に印をつけたり、骨の位置を確認したり。じゃんじゃん作品に線を入れて進めています。

ニードル

ラブラドールの制作では、クロバーのレギュラーと、スパイラル38、スパイラル40を使用しました。

レギュラーといってもメーカーごとに太さが違ったり、ここの作業ではこのニードルというような決まりもないので、使いやすいもので良いと思います。

今回は芯を固める部分でスパイラル38、足などの細い箇所にスパイラル40、目元や最終の表面仕上げにクロバーのレギュラーを使用しました。

スパイラルニードルはその名の通り、先端がねじれたニードルです。番号は数が大きいほど細くなります。私の刺している感覚では、スパイラル38、スパイラル40、クロバーのレギュラーの順で、太→細となっている感じです。

今回のような表面の仕上げにするには、ゴリゴリ芯を固めないと後で形が崩れてしまいます。ツイストの40.38でゴリゴリ固めました。

スパイラルは固めるだけでなく、植毛にももちろん使えますよ。

パンチャー

ニードルは直に持っても使えますが、パンチャーがある方が断然楽、そして速い。

パンチャーについてはこちらの記事にまとめています。

ハサミ

今回使用したのはこのハサミです。

以前にも書いたのですが、このハサミは力が入りやすく、削る作業をする時に使用します。削る作業用と、植毛した毛を切る用のハサミは別にしています。

またそれも追々、ブログでまとめようかと思います。

ノギス

ノギスは粘土でも羊毛でも、両方に使用します。左右対象がはかりやすくて、とても便利。

参考本

Animal Anatomy のこの本も、以前書きました。猫はほんの少ししか載ってないので、犬をよく作る方に良いかと思います。基本となる骨の形や筋肉が、真横、真正面、真上など、多方面から描かれています。

いろんな犬種の、真正面、真横、真上、真後ろからの画像があり、特徴なども記載されています。

この犬種作りたいなと思い検索するけど、個体差があったり、「この犬の真上から見たい」と思ってもそんな都合よく画像がなかったり、「真横からの画像が見たいのに顔こっち向いてる!」とか、参考画像選びに苦戦していたところ、この本があると同じ子のいろんな角度からの写真があり、わかりやすいのです。

なかなか良いお値段しますが、購入して良かった1冊です。


YouTubeで制作動画を上げています。
チャンネル登録よろしくお願いいたします。

【youtube】  

yamanono youtube

https://www.youtube.com/channel/UCIX2KBX_r2tHOPS7lJykI-w

【instagram】

https://www.instagram.com/yamanono.insta/