ボーダーコリーの制作で使用した材料

久しぶりのYouTubeは、ボーダーコリーにしました。毛の色はブチ模様のチョコマールという種類で制作しました。

口を開けているポーズにしましたので、作り込みやすく粘土を素材として選択し、鼻や爪なども同じく粘土で統一してみました。
また目玉も今までと違って眼球から作るように、樹脂ボールを使用して作りました。

下記にパーツごとに素材などについてまとめています。
気になる箇所がありましたら、クリックしますと該当する箇所に飛びます。

羊毛

サラリとした長い毛を表現したかったので、メリノだけではなく、ハマナカの植毛ストレートを中心に、混色して使用しています。
機敏に動き回るボーダーコリーの雰囲気が、長い毛で隠れてしまわないように、アキレス腱や足先、口先は引き締めたかったので、植毛ではなく毛立てブラシとリバースニードルで毛が生えている様な状態を表現しています。毛立てブラシとリバースニードルで引き抜く方法についてはこちらのブログ記事をご覧ください。
引き抜くにはしっかり刺し固めないといけないので、リバースする箇所は白のメリノの羊毛で形作っています。

基本使用するものは、植毛ストレート551,552,556,染TAKEのメリノトップウールno.41,38。
これらを大体は2色以上混ぜて使用しています。
指の間は染TAKEのメリノトップウールno.72
瞼は染TAKE no38, 期間限定色2019年NO.3
期間限定色はオーダーで染色していただけます。

↓こちらのページから色を選択していただけます。
556は真っ黒ではなく茶色がかっていて、非常に使いやすい色です。

先ほども触れました通り、今回初めて使用する樹脂ボールというものを使って、眼球をまるまる制作してみました。

瞳のところはぷっくりさせているのがポイントです。
樹脂ボールをやすり、平な面を作り、瞳部分を作ります。
そこにアクリルガッシュで着色します。
常にグロスメディウムを混ぜ、薄めに重ねます。

着色したら爪楊枝でレジンを乗せて硬化させ、繰り返すことで瞳部分をぷっくり盛り上がらせます。

筆はTAMIYAのものを使用しました。

鼻はサーニット(cernit)という粘土を使いました。トランスルーセントという種類は透明感が出て、NO1という種類はマットな質感です。
これらを混色し、しっとりしたピンクの鼻を表現しました。
歯など他のパーツも、羊毛での植毛でも同じなのですが、私はいきなり制作するのではなく、事前に試してから制作しています。
色はどれくらいの配分にすると理想の色になるのか、考えている手順で思った形が作れるか、無理な素材の扱い方をしていないかなど確認するために、サンプルを作ります。

・CERNITNo1オペークホワイト 
楽天市場 http://msm.to/8nmOYJ7

・CERNITNo1ピンク 
楽天市場 http://msm.to/DKF5gHg

・CERNITtranslucent トランスルーセント
・CERNITtranslucentルビーレッド 
楽天市場 http://msm.to/CgvJc6m

上記の4色を混ぜ、鼻を造形したら、パステル 844と862で着色します。

着色時にはこちらの網でパステルを擦って粉状にしたものを筆でとって着色しています。

仕上げはパジコのウルトラバーニッシュスーパーグロスをマットを1:1で混ぜ、ほんのり艶感を出しました。

サーニット2種類を混ぜています。

・ CERNITNo1オペークホワイト 
楽天市場http://msm.to/8nmOYJ7
 CERNIT TRANSLUCENTトランスルーセント
楽天市場 http://msm.to/CgvJc6m

今回の耳は、ふんわり感も欲しいけど、サイズ的には厚くなりすぎない様にしたい、というのもあり、キーピングを使用することにしました。

液体の洗濯糊だと薄くはなるけれど、同時に羊毛のふんわり感は損なわれるので、その辺りのバランスから、今回はキーピングで仕上げることにしました。
手軽でおすすめです!

今回の1番のポイントはこの口の中です。
下を横にだらりと垂らし下の裏側が見える様にして、サイドのひだの部分も造形しました。
ポイントだと言っても、作品の中で浮きすぎないよう、艶を出しすぎてヌメヌメになりすぎないように、そのバランスは気をつけました。

使用した粘土はこちら。

・CERNITNo1オペークホワイト 
楽天市場 http://msm.to/8nmOYJ7

・CERNITNo1ピンク 
楽天市場 http://msm.to/DKF5gHg

・CERNITNo1ブラウン
楽天市場 http://msm.to/5J6cgDy

・CERNITtranslucent トランスルーセント
・CERNITtranslucentルビーレッド 
楽天市場 http://msm.to/CgvJc6m

まず歯と歯茎を作ります。
すでに作っている作品にぴったりサイズを作らないといけないので、制作している途中で何度か仮に口の中に入れて、サイズがあっているか確認する必要があります。
下顎サイズ(奥行きを少し持たせます)にクリアファイルをカットして、その上で作業しました。

歯はオペークホワイトとトランスルーセントを混ぜ、真っ白すぎないように。
歯茎はオペークホワイト、トランスルーセント、ピンク、ルビーレッド、あとブラウンの分量が少なめと多めと作り、歯茎部分とサイドのひだ部分に使用する分を混色して用意しておきます。

ホルベインのパステル102,844,862で着色したら、1度焼きます。

次に舌を作ります。
柔らかい舌は硬い歯の影響を受けて波打っていたり歪んだ形になるので、先に歯を焼いて、その後に下の造形をします。
一旦焼いた後は、焼いた歯茎と、今から成形する舌を接着させるために、リキッドスカルピーを舌の根本に塗ります。

舌の造形をし、焼いて硬化させたら、絵の具で着色します。
基本、パジコのマットを混ぜて着色し、最後の方になったらグロスも混ぜながら、下の根本など所々若干艶を持たせます。

アクリル絵の具をおおよそ、このような色で混ぜて、マットやグロスをプラスして着色しました。

歯の根本…ディープイエロー、シェルピンク、バーントアンバー
舌の裏の血管…赤、紫
舌の表面の白っぽいところ…ペールピーチorペールピーチ、赤、紫
それ以外…赤、紫、シェルピンク、ペールピーチ、



動画を見るときの参考にしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CLASS101+にて羊毛フェルト講座を難易度をわけて2クラス開講しています。

・はじめての羊毛フェルトクラス(猫の頭部)

・リアルな表現にこだわる羊毛フェルトクラス(猫の全身)

https://101creator.page.link/GAeN

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

羊毛制作に使用する道具

羊毛で作品を制作する際によく使用する道具をまとめました。
道具のところをクリックすると、説明箇所に飛びます。

フェルトパンチャー

左から5本用、3本用、1本用のクロバーのパンチャーです。自分好みの色に着色しています。ニードルはそれぞれパンチャーに装着して使用しています。1本用の物は動画内ではクロバーを使用していますが、こちらのハマナカも気に入っています。

クロバーの1本用は飛び出している針の部分が短めで、安心感があります。ハマナカは長く針が飛び出しているので、最初折れそうで使いにくく感じていましたが、慣れれば入り組んだ箇所にも刺せるので、これもよく使います。直にニードルを持っても良いですが、パンチャーに装着する方が握りやすく疲れにくいです。

ニードル(レギュラー、スパイラル38、スパイラル40、リバース)

左から、スパイラル紫、スパイラル水色、クロバーのレギュラーニードルです。
スパイラル紫→スパイラル水色→レギュラーの順で使用しています。
スパイラルは先端がらせん状にねじれたニードルです。植毛する際に毛をねじ込みながら入っていく感じが気に入っています。

クロバーのレギュラーは顔などの細かい箇所に使用。

オレンジ色の印がついたこちらはリバースニードルという物です。

リバースニードルは通常のニードルと違って、先端についている溝(バーブ)が逆方向になっているため、差し固めた羊毛を引き抜くことができ、植毛していないのに毛が生えているような表情を表現することができます。
植毛をすると太くなったり厚くなりやすいので、足先や口周り、また小さな作品の細かい毛が生えている雰囲気を出すときに使用しています。
私は2~3本テープでまとめて使っています。
リバース前に作品をしっかり固めないと、ベースの羊毛がベロっと剥がれますので、太めの針でしっかり固めてください。
先端5mmくらい浅く刺して引き抜きます。

細かい箇所はリバースニードル、広い箇所は毛立てブラシで引っ掻いて引き抜きます。

目打ちでかき分けると、目打ちで指している箇所はまだ引き抜き足りていない状態です。
引き抜いた毛をかき分け、引き抜き足りていないか確認し、たっぷり引く抜くのが綺麗に仕上げるコツです!

しっかりたっぷり引き抜いたら、コームや歯ブラシでといて、ハサミやバリカンでカットします。

もちろん、カットせずに長池の状態を生かしても、反対にもっと短くカットしてふんわりとした質感を与ても良いですし、いろんな使い方ができます。


自然に消えるチャコペン

どんな作品を作るにも、絶対登場するチャコペン。自然に消えて、且つしっかり色が乗るもので、私はクロバーの水性チャコペンやチャコパーを使用しています。

毛立てブラシ(指抜毛立器)

植毛した毛をといて絡まりをほどいたり、羊毛をパツッと切ってしまった切り口の毛先をばらつかせたり、またリバースニードルと同じく、刺し固めた羊毛の毛を引き抜いたりと、制作中に大活躍の優れもの。ペット用のスリッカーでも代用可能ですが、この小さめサイズが小回りが効いて使いやすいのです。

Yahoo!ショッピングで指抜毛立器を探す

コーム

左は100円均一、右はトリミング用のコームです。
毛立てブラシはざっくりと毛を溶かすには良いのですが、羊毛が抜けてしまいますので、毛立てブラシ後はあまり毛が抜けないようにコームでとかします。

歯ブラシ

コームで整え、毛をカットし、最後に歯ブラシで余分な毛を取り除きます。

カーブ目打ち

先が真っ直ぐなタイプの目打ちも持っていますが、カーブ目打ちがあると毛を細かくといたり、瞼などの修正時に便利です。

ハサミ

左はクロバーのパッチワークはさみボルドー130、右はツヴィリングの刺繍ハサミ。
こちらの2つのハサミもお気に入りです。クロバーはとにかく力が入りやすく、修正の時に活躍します。バチバチ切れます。ツヴィリングはそれはもう、過保護に扱い、植毛後の毛しか切りません。切れ味がよく、軽くて使いやすい。ハサミは仕上がりを左右しますのでめちゃくちゃ大事でだなと思います。

トリミング用のハサミも4種類使っています。
体など大きな面積をカットするには、上記のツヴィリングでは小さいので、トリミング用の大きなハサミを、トリマー気分で使用しています。

左から、ストレートシザー、セニングシザー、カーブシザー、ブレンディングシザー。

バリカン

ざざっと揃える時にとても便利です。いくつか購入し使用した中で、止まってしまったりしにくく、お値段的にもとりあえず揃えるのに良いかと思います。

ノギス

左右対称かどうかの確認に使用します。羊毛は素材の性質上カチッと形が出せませんし、そこまで神経質に計りませんが、大きな狂いを発見するのに測っています。

パステル用の網

パステルをこの網で擦って粉状にしてから、筆で取って作品に陰影をつけています。

接着剤

目玉のシートをカボションに接着する時、またパーツの接続時など、しっかり目に接着するときに使用しているのはこちらのウルトラ多用途。細かく切った羊毛を粘土やワックスのパーツに貼り付ける時には木工用ボンドを使用して、水で粘度の調整をしています。

コーヒーウォーマー

こちらはフェルターズワックスを溶かすときに使用しています。
フェルターズワックスは湯煎でも解かせますが、お湯の侵入を防ぎたいのと手軽さ、またホットプレートのような高温にもならないので、こちらを使用しています。

よく参考にする本をご紹介します。

↑この本は教室を始めた当初から、自分のため、生徒様のためにもたくさん使い込んで、2冊目ですがもうボロボロになっています。
骨格のイラストが大きく、見やすい。馬、ライオン、犬の情報が豊富です。

↑シートン動物解剖図、こちらの本は比率、毛流れなどを参考に見ています。

↑こちらの本は、うさぎ、熊など幅広くいろんな種類の動物について掲載されています。

今後もおすすめの道具が見つかれば、こちらに追加していきます。