猫の土台

ただいま猫の見本制作中です。

犬の筋肉見本のように、針金から4段階くらいに分けて、制作工程がわかるような見本を作ろうと思っております。


最終は、ウチで飼っていた猫のベティーにしようと思っております
ベティーは私が幼稚園から大学生になるまでいた猫です。
作ろうと写真を探したり、昔のケータイの写真を探しましたが、あんまし写真がない

亡くなってから7年くらい経つのかな?
今でも抱っこしたときの感触を覚えてます
羊毛フェルト教室には、亡くなった犬、猫、ウサギなど制作されている方がいらっしゃいます。

限られた写真や記憶を頼りに、再び蘇らせるワクワク感、不安や切ない気持ちになる感じ、いろんな気持ちの中で皆さん制作するんだなと、自分も同じことをしてみてわかってきました。

そっくりに仕上げるぞー!

“猫の土台” への2件の返信

  1. 楽しみぃー。

    犬と体の作りまったく違ってって

    犬を作って、いざ猫を作ると頭ゴチャゴチャになる現状

    今度の教室で見れますね☆

    作ってみたいけどぉー

    まず、犬の筋肉見本仕上げなくてゎ。。。

  2. アカン太ママさん、いつもありがとうございます

    そーですよね、なんか、基本は似てるんですが

    、やっぱり全然違ってて、ムキムキではないけど、

    それはそれで違う難しさがありますよね

    あのふにゃふにゃ感を出したいなとおもってます

    次の教室でお見せするのは、途中段階になると思いますが、見てみてください

コメントは受け付けていません。